×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 それはまだ、この国に名前がついていなかった時代のこと。

 東部社会は、文明の発達と土地の整備により、平和で秩序ある世界を実現しつつあった。

 だが、それと同時に、冒険と闘争は失われつつあった。

 金脈発掘、肥沃な土地の開発、新発見…… 夢を追う者たちはみな、西部へと夢を馳せた。

 少女ガンマン・ヴァネッサと、その執事・セシル。

 ふたりの16才もまた、大開拓時代の真っ只中にその身を投じるのだった……

























検索で来られた方は、コチラをクリック





















 「常識なんてのは東部の言葉だぜ。ここがどういうところだか、わかってねえようだな」

 継母に東部の屋敷を追い出され、西部行きの列車に乗り込んだ少女ガンマン・ヴァネッサ
 先代執事の命に従い、彼女と旅をすることになった少年執事・セシル
 ふたりの旅は、悪党どもの乱入によって幕を開けた。

 機関銃をあやつる巨漢、
 ウェディングドレス姿のガンマン、
 100人の手下を従える賞金首・マードック

 猛スピードで走る西武鉄道を舞台に、ガンスモークたちこめる戦場を駆ける少年少女。
 誰が敵で誰が味方か!? 2部構成の連作篇。

 「西部へようこそ、お嬢さん!」








 自然に身体を適応させて進化した民・魔族。
 ミノタウロスの一団に列車をひっくり返された2人が流れ着いたのは、 鬼の一族が住まう町。

 町を騒がす魔族殺しを探して、保安官・グレンジャーとともに<入らずの森>に踏み込んだ2人。 
 彼らを待ち受けていた犯人は、意外な人物だった。

 「さあ、殺し合いだ。名乗らないのかい? お嬢ちゃん」
 「ヴァネッサよ。ヨロシクね」
 「ヨロシク、ヴァネッサ。そしてサヨウナラ、だ」

 東洋の刀を構えるセシルの前に立ちはだかったのは、自分そっくりの少年……。
 異国の地に、サムライの魂が甦る!











 「かわいいから」と、路銀をはたいてヴァネッサが買ってきたのはトーテムポール。
 食費にも窮し、出稼ぎに2人が赴いたのは、サンタ・ビレッジ。
 聖夜に5ドルのプレゼントを配って回るボランティア団体、『サンタクロース協会』の本拠地だった。

 そこで2人が巡りあったのは、悲しき愛の物語。

 「行くな! 命令よ!」
 「聞けません」

 雪に舞う蒸気ソリ、きらめくナイフ、忍び寄るサンタクロース。
 そして真っ二つになるトーテムポール!












 ファームディの町で開催されていた、料理コンクール。
 決勝戦で活躍している黒衣の料理人の正体はなんと賞金首・マードック

 改心したという彼の言葉に感動するヴァネッサ、 疑惑のまなざしを向けるセシル。
 チョコレートをテーマにした決勝戦の行方は!?

 少女の嘆願、光るメス、暗躍する機械人形。

 「仮面があるからって、あんなじゃじゃ馬を!」
 「大丈夫、ああ見えて料理は得意だそうだ」
 「料理は創作だぞ? 女にできるもんか!」
 「あら、じゃあアンタはパパのミルクで育ったの?」

 2月上旬の配信時期に合わせ、作内に登場したチョコレートのレシピも掲載した異色の番外編!










 監獄の街で、いきなり逮捕されてしまった2人。

 「この状況を何とかできるのは彼女だけだ」

 セシルが電報を送ったのは、保安官・グレンジャー
 先を急ぐ彼女の前に現われたのは機械人形の群れだった。
 深夜の墓地に舞い降りる吸血鬼・スマイル

 「キミ、他に連れは?」
 「宿場に同僚が一人」
 「行って。ここはボクが相手する」

 血まみれの町を突き進むグレンジャー。
 友を救うため、4本のサーベルがきらめき踊る!









 嵐は、今まさに町を呑み込もうとしていた。
 その鼻っ面に、カウボーイ姿の少女が拳銃を手に立ちふさがった。
 背後には小屋。中では最後の生存者・ルーシーが神への祈りを捧げている。

 小屋が吹っ飛んだらおしまいだ。ルーシーも、馬車も、自分の運命も。
 愛銃と口づけを交わし、ヴァネッサは銃口を持ち上げた。 

 「神も奇跡も信じない。ガンマンが信じていいのは、自分の銃だけ」

 竜巻が押し寄せる。

 「そうよね、パパ」











 『天使』と呼ばれる巨大な円盤が突き刺さった街、ロサンジェルス。
 路銀を稼ぐため、西部芸術コンクールに絵画を出品しようというヴァネッサ。
 弱弱しく首を振るセシル。

 「僕は絵が描けないんですよ」

 芸術家・オルソンのもとで絵の講習を受ける2人に、変化が訪れる。
 無口なメイド、ヴァネッサの寝床に立つ影、急降下するバンパイア。

 (嗚呼、この理由もわからない不条理な殺し合いが……今は、心地良い)

 西部の歴史が始まったこの街で、運命の邂逅が幕を開ける!












 ラファエル・バレーの河川敷に咲き並んでいたのは、東洋の花『サクラ』。
 夜桜を背にキャンプする2人。
 語られるのは、セシルの過去。

 サクラを見上げるセシルの瞼に浮かぶのは、師・セバスの庭園。
 恩師と旅がもたらした成長。自分の秘めた想いを告白するセシル。
 そして居眠りするヴァネッサ!

 「僕は人形じゃない。セシルだ」

 3つの同じ影が、月下の花吹雪に哀しく舞い踊る……。












 情熱などとうに忘れていた。彼女の笑顔を見るまでは……。

 西部に君臨する魔族の王、吸血鬼・スマイルの過去が明らかにされる。
 彼が訪れたのは、西部の果て。すべては彼女との約束を果たすために。

 そこで出会ったのは、4人のメイドを従える老紳士。
 語られるは、歴史の元凶。舞い踊るは、鋼鉄の刃。

 人知を超えた能力者たちの戦いの果て、犠牲者になるのは誰なのか。
 惨劇はこれで終わるのだろうか……?



























































検索で来られた方は、コチラをクリック